看護部紹介

看護部長からのご挨拶

小谷看護部長

町田市の南端にある当院は、「24時間断らない」二次救急対応と一般診療で、患者さまの健康回復と地域の皆様の健康を守るための医療を提供しています。

看護部理念として、“「人を慈しむ心」で看護を実践し地域医療に貢献する” を掲げています。温かい心で患者さまとご家族に寄り添い、体調を回復させることを第⼀に考えています。ICUをはじめとした各病棟における急性期看護、リハビリ病棟におけるリハビリ看護、外来、透析看護など多岐にわたって自ら学ぶ機会を得ることが出来ます。

看護師は、心と技術と知識が伴わなければならないと思っています。心だけでも、技術だけでも知識だけでも、患者さまに安心を与え、信頼を得る看護師にはなれません。そのためには、与えられた事のみにとどまるのではなく、“今できる最良で最大の効果を与えるケアや対応は何か”ということをチームとして考え、創造的に仕事に取り組んでいく事や、一看護師として常に学び得ていこうと努力する姿勢が大切です。

医療・看護・介護連携の動きが目まぐるしい情勢の変化の中で、今求められている事は何かを捉え、基本的な「看護」「介護」について、しっかり見つめてみませんか。私達は、やる気に溢れ、自らを成長させるために頑張る人を応援します。当院には、育児、家庭、PTA活動、そして仕事と何役もこなし、夢中で頑張っている素敵でパワフルな看護師や補助職のスタッフがたくさんいます。南町田病院で、自分の「やりたい事にチャレンジ」しながら、ワンステップずつ成長していきましょう。

看護部理念

「人を慈しむ心」で看護を実践し地域医療に貢献する

【看護部の基本方針】
  1. 患者さんの安心・安全を第一に信頼感ある看護を提供する。
  2. チーム医療の中で看護の役割を自覚し他職種と連携を図る。
  3. 看護師一人一人の知識・技術向上に努める。
  4. 看護スタッフの現場環境の整備に努める。
  5. 社会の変動や医原の進歩を的確に捉え質の高い看護を提供する。

教育・研修

【教育基本方針】
  1. 対象者は、看護部に所属する全職員とする。
  2. 新卒から既卒までのそれぞれの能力向上・開発を目指した研修を本部教育とし、また院外研修への参加を支援する。
  3. 卒後1~2年次は基礎教育期間とし、段階的な教育プログラムによって、看護の基本的能力を習得する。
  4. 専門看護職の養成
    1. 認定看護師
    2. 認定看護管理
  5. 基礎看護技術の習得・学習はOJTで行う。
  6. 看護補助者の研修は他部門と退携して実施し、OJTでその成果を発揮させる。

教育プログラム

新卒看護師の研修プログラムは、学校で学んだことを実際の医療現場でどう活かしていくかを再確認できるような内容にしています。

OBJで基礎教育の知識を思い出し、看護技術を一つひとつ確認しながら“あ~そうだった!” と実感できるプログラムです。看護部一丸となって取組み、みなさんの成長を応援しています。

既卒⼊職者については、2週間定着サポート期間を設け、まずはゆっくりじっくりと現場の雰囲気に馴染んでいただくことから始めます。 今までの経験を活かしつつ、更にスキルアップ出来るよう応援します。

研修プログラムの目的
  1. 専門間職と臨床実践への応用できる知識・技術を習得する機会とする。
  2. 自立した専門職育成のための教育環境を提供する。
研修プログラムの分類
  1. 院内教育
  2. 本部教育
  3. 院外教育

教育プログラム(1年目)

 新卒
4月
  • 基本的看護
    技術の研修
  • 技術チェック
5月
  • 薬(内服・注射)の管理
  • 知識・技術・輸血
  • 輸液ポンプ
  • 輸注ポンプ
6月
  • 基本的看護
    技術の研修
  • 技術チェック
7月
  • 看護過程演習~10月
8月
  • 基本的看護
    技術の研修
  • 技術チェック
9月
  • モニターの管理・心電図
  • 人工呼吸器
10月
  • 6ヶ月フォローアップ研修
  • 技術チェック
  • 看護過程の確認
11月
  • ケースレポート開始
12月
  • 基本的看護
    技術の研修
  • 技術チェック
1月
  • 基本的看護
    技術の研修
  • 技術チェック
2月
  • 知識・技術チェック
3月
  • ケースレポート提出
  • 振り返りレポート
 転職休職(出産)
就任日~
2日目
  • 入職時オリエンテーション
  • 4月入職者に準じた内容で、各コメディカル担当者の説明を含めたオリエンテーション
各部署配属
配属~
1日目
  • 入職時オリエンテーション
  • 4月入職者に準じた内容で、各コメディカル担当者の説明を含めたオリエンテーション
 臨床経験者プログラム職場復帰プログラム
2日目
  • 看護師と共に2~3人の患者を受け持ち
  • ケア・患者搬送・検温・点滴・電子カルテ
  • プリセプター体制
  • 基本的看護技術チェック(チェックリスト使用)
  • 看護師と共に、職場全体の業務見学
    (~7日目)
3日目
  • 看護師と共に(重症度の低い患者)1病室を受け持ち
4日目
  • 看護師フォローアップ(重症度の低い患者)1病室を受け持ち
5日目
  • 看護師と共に2病室受け持ち
6日目
  • 看護師フォローアップで2病室受け持ち
7日目
  • 看護師フォローアップで2病室受け持ち
2週目 
  • 看護師と共に2~3人の患者を受け持ち
  • ケア・患者搬送・検温・点滴・電子カルテの操作
3週目 
  • 看護師と共に(重症度の低い患者)1病室を受け持ち
4週目 
  • 看護師フォローアップ(重症度の低い患者)1病室を受け持ち
1ヶ月 
  • 1ヶ月フォローアップ研修
5週目 
  • 看護師と共に2病室受け持ち
6週目 
  • 看護師フォローアップで2病室受け持ち
2ヶ月 
  • 2ヶ月フォローアップ研修
3ヶ月 
  • 3ヶ月フォローアップ研修

教育プログラム(2~6年目以降)

 新卒
2年目
  • 受け持ち看護師育成1
  • 「受け持ち看護師の役割」について明確にする。
  • 集合研修
  • グループワーク
  • ケースレポート
  • プリセプター育成開始
3年目
  • 受け持ち看護師育成2
  • 「受け持ち看護師総まとめ」
  • チームリーダーとしての役割
  • チームリーダーの体験
  • プリセプターの体験
4~
5年目
  • リーダーシップ育成
  • プリセプター支援
  • キャリア開発の方向性を持つ
6年目
以降
  • 専門領域の開発
  • 看護実践役割モデル
  • 指導的・責任的役割を負う
転職休職(出産)
職場フィッティングプログラム終了後は、臨床経験に応じて、教育プログラムに参加

通常教育プログラム

院内研修
  • 専門講師による講演4回
  • 市民健康セミナー
  • BLS/AED
院外研修
  • 東京病院協会
  • CHC
  • 日本看護協会
  • 東京都看護協会
  • 東京都ナースプラザ

私たちは、急性期、救急医療および
一般医療で地域社会に貢献します。

シェアする
  • FaceBookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Google+でシェアする