脳神経外科

安心、安全な医療を提供します

当科は、2004年10月開院以来、基本理念に基き、急性期、救急医療および一般医療で地域社会に貢献してきました。特に、急性期脳卒中治療に関しては、近隣地域(町田市、大和市、相模原市、座間市)からの救急要請、開業医、近隣病院からの依頼など、「Time is Brain」を合言葉に、この地域の「最後の砦」として貢献してきました。 さらにこの度2014年11月、当院が南多摩医療圏の「東京都災害拠点病院」に認定され、災害発生時において、重症患者等の収容、治療を行うことも責務となりました。また、超高齢社会(65歳以上の人口が総人口に占める割合が、平成25年に25.1%)に突入し、今後、超高齢者特有の脳疾患に対し、今までの経験では当てはまらない治療、予防というパラダイムシフトが求められます。臨機応変、柔軟に対応し、地域医療に貢献したいと思います。

当科の特徴

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、頭部外傷に対する治療がほとんどですが、良性脳腫瘍、水頭症などの治療も行っています。また、当院での治療対象外となる患者様に関しては、安心できる高次医療機関への紹介も、迅速に行っています。

脳卒中患者様は、救急搬送される方がほとんどで、年間約320人の診断加療を行っています。脳卒中疾患の中で、外科的対象となるのは、脳出血、くも膜下出血、内頚動脈閉塞および狭窄症、もやもや病です。頭部外傷患者の中で、外科的対象となるのは、急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫、脳挫傷、慢性硬膜下血腫などです。

当院での外科的治療は、基本的に開頭、穿頭手術で行い、タイミングを逃すことなく、各科と連携し、全日対応できる仕組みを構築しています。血管内手術は、待期的治療の対象となる破裂動静脈奇形に対し、NBCAを用いた塞栓術、また症候性頸動脈狭窄症に対するステント留置術を行っています。

当院は、日本脳卒中学会認定研修教育病院、東京都脳卒中急性期医療機関 に認定されています。

診療実績

 2013年2014年2015年
脳卒中患者総数314326243
tPA使用367
脳動脈瘤手術(開頭)142111
脳出血(開頭)446
脳梗塞(バイパス手術)450
頸動脈内膜剥離術333
頸動脈ステント留置術211
[対象期間:2013年1月~2015年9月]

私たちは、急性期、救急医療および
一般医療で地域社会に貢献します。

シェアする
  • FaceBookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Google+でシェアする