平成27年度 社会医療法人社団 正志会 南町田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 51 104 110 230 283 533 841 1061 433
定義
平成27年4月1日から平成28年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※10歳刻みで集計を行いました。(入院日現在の年齢になっております)

解説
高齢者の救急患者が多い中、当院では救急患者に対して積極的に受け入れているので受けているので高齢者が多くなっています。同じ診断でも年齢に合わせて治療方針・治療法が異なる場合もあり、患者各々に合わせた対応をしています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術・処置等2なし 副傷病なし 272 23.95 21.69 11.03 85.35
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 187 16.19 14.34 4.28 76.15
050130xx99000x 心不全 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 93 21.99 18.30 2.15 83.37
定義
平成27年4月1日から平成28年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※診断群分類とは‥病名と行われた診療行為等の内容を組み合わせたもので、入院医療費の支払い方法として採用されている病院もあります。

解説
当院の内科では高齢者の入院患者が多いため、感染症である肺炎が多くみられます。また循環器疾患の患者も多く、心不全の患者も多数治療しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070085xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) 34 8.82 14.41 0.00 59.59
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 手術・処置等2なし 25 9.12 11.63 0.00 68.48
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 24 5.54 5.50 0.00 48.46
定義
平成27年4月1日から平成28年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※診断群分類とは‥病名と行われた診療行為等の内容を組み合わせたもので、入院医療費の支払い方法として採用されている病院もあります。

解説
当院では非常勤医の形成外科医による外反母趾の手術が行われているため、趾関節の入院が外科で多い状態です。当院外科では消化器疾患全般を診療しているため、非手術患者の腹膜炎を伴う大腸憩室炎や腸炎の入院が多くなっています。乳腺外科にも力を入れているため乳癌手術件数も多くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 147 48.91 28.70 21.77 83.78
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 副傷病なし 56 35.36 21.52 14.29 81.61
160760xx97xx0x 前腕の骨折 副傷病なし 44 5.32 5.70 0.00 61.00
定義
平成27年4月1日から平成28年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※診断群分類とは‥病名と行われた診療行為等の内容を組み合わせたもので、入院医療費の支払い方法として採用されている病院もあります。

解説
整形外科の患者の大部分は股関節大腿骨骨折の方です。高齢化や介護施設などと提携しているため転倒されて、骨折した方がほとんどです。年齢も平均83歳と高齢で、その他は脊椎圧迫骨折や前腕骨折の手術が必要な方です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 117 34.56 18.08 21.37 73.03
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 11.35 10.02 5.00 75.68
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 13.94 7.52 2.78 69.75
定義
平成27年4月1日から平成28年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※診断群分類とは‥病名と行われた診療行為等の内容を組み合わせたもので、入院医療費の支払い方法として採用されている病院もあります。

解説
当院は、脳卒中急性期に対応するため、脳神経外科が主科で加療を行い、循環器内科とも連携し、多様な患者に対応しています。その為、軽症から重症まで、脳梗塞の急性期患者が、最も多くなっています。平均在院日数が長いのは、重症患者の割合が多い事によります。また交通外傷なども多く、脳挫傷などの患者数が多くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 10 - - - 6,7
大腸癌 - - - - - - - 6,7
乳癌 - 22 - - - - - 6,7
肺癌 - - - - - - - 6,7
肝癌 - - - - - - - 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
定義
平成27年4月1日から平成28年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※上記患者数が10未満の場合はハイフンにしております。
※UICC 病期分類とは‥癌がどのくらいの大きさになっているか、周辺のリンパ節にどれほど転移しているか、遠隔臓器への転移はあるか、の3つの要素で、各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の 4病期(ステージ)について評価し、決定する方法です。

解説
当院で扱う癌は主に消化器癌と乳癌であり、いずれも手術から化学療法まで地域住民のために幅広く診療を行っているため、各Stageの癌患者を診ています。割合はStageⅠの早期癌よりもStageⅢ以上の進行癌の患者を多く診療しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 17 9.76 52.88
重症度 1 33 12.27 73.36
重症度 2 41 18.54 81.83
重症度 3 24 26.21 83.88
重症度 4 14 15.21 86.36
重症度 5 - - -
不明 - - -
定義
平成27年4月1日から平成28年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※上記患者数が10未満の場合はハイフンにしております。
※重症度分類とは‥肺炎の重症度分類はA-DROPスコア(日本呼吸器学会)を用いて評価をしています。

解説
肺炎重症度の軽い人は外来治療が可能な場合もあり、重症度0の方はあまり多くありません。高齢者では重症度の高い人が多く重症なほど平均在院日数も長くなっていきます。肺炎の治療中に体力の低下がおこらないように、早期よりリハビリテーションも合わせて行っています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 18 6.94 79.17 5.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 219 37.61 76.94 18.15
その他 40 48.55 73.98 3.47
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
定義
平成27年4月1日から平成28年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※上記患者数が10未満の場合はハイフンにしております。
※ICD10とは‥世界の異なる国における傷病の状況を比較できることを目的とした、傷病を分類しコード化したものです。

解説
脳卒中の診療は、脳外科が主に行っており軽症から重症まで、診療対象となるため、脳梗塞の中でも、発症から3日以内の入院患者数が一番になっています。また診断機器も充実し、頭部MRIは3テスラ、頭部CTは64列を用い、急性期に早期診断が可能です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 75 0.28 1.05 0.00 66.10
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 38 3.11 3.35 0.00 69.53
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 31 2.28 4.35 0.00 65.16
定義
平成27年4月1日から平成28年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※上記患者数が10未満の場合はハイフンにしております。
※Kコードとは‥正式には「術式Kコード」と言い、医科点数表をもとに術式ごとにコード化したものです。

解説
内視鏡的なポリープの治療は内科・外科共同で行っています。ポリープを有する方は多く患者数も増えています。又、不整脈のカテーテル治療に力を入れており、中でも心房細動のアブレーション(心筋焼灼術)を多く行っております。また狭心症、心筋梗塞の方のカテーテル治療も行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 110 0.09 1.35 0.00 69.19
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 34 1.27 1.76 0.00 71.18
K0803 関節形成手術(指) 31 1.00 6.03 0.00 58.90
定義
平成27年4月1日から平成28年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※上記患者数が10未満の場合はハイフンにしております。
※Kコードとは‥正式には「術式Kコード」と言い、医科点数表をもとに術式ごとにコード化したものです。

解説
当院では主に外科で大腸ポリープの内視鏡治療を行っているため、外科における手術件数の上位となってます。鼠径ヘルニア自体は疾患数が多いことが手術件数にも反映しています。形成外科は外反母趾に対する関節形成術を行っている数少ない病院であるため手術件数が多くみられます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 89 2.88 29.00 22.47 80.03
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 72 4.43 36.94 20.83 87.96
K0732 関節内骨折観血的手術 胸鎖、手、足 40 1.99 15.20 0.00 63.50
定義
平成27年4月1日から平成28年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※上記患者数が10未満の場合はハイフンにしております。
※Kコードとは‥正式には「術式Kコード」と言い、医科点数表をもとに術式ごとにコード化したものです。

解説
大腿骨骨折手術と大腿骨頭置換術が整形外科の主な手術です。平均年齢は80~87歳と高齢の患者です。平均術前日数も短く、早期手術、早期リハビリを目指しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 28 4.60 19.31 17.86 80.64
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 11 2.80 63.61 18.18 64.34
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
定義
平成27年4月1日から平成28年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※上記患者数が10未満の場合はハイフンにしております。
※Kコードとは‥正式には「術式Kコード」と言い、医科点数表をもとに術式ごとにコード化したものです。

解説
慢性硬膜下血腫は、救急車で来院するのではなく、一般外来から入院することが多い疾患です。当院脳神経外科は、近隣病院、開業医からの紹介が多いため、1番多い数になっていると考えられます。脳動脈瘤の手術は、その多くが、くも膜下出血によるもので、緊急手術となる事が多く、平均在院日数が長くなっています。胃瘻は、重症脳卒中後遺症の患者が多いため、このような数になっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 15 0.40
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
定義
平成27年4月1日から平成28年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※上記患者数が10未満の場合はハイフンにしております。
※DPCコードとは‥疾病を6桁のコードに分類したものです。

解説
救急車で来院され、緊急入院が必要な方も多く、予定入院に比べるとどうしても合併症の可能性が高くなります。常に合併症の可能性に注意しつつ適切な治療を行っています。
更新履歴