平成28年度 社会医療法人社団 正志会 南町田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 45 104 92 254 321 512 841 1079 471
定義
平成28年4月1日から平成29年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※10歳刻み(入院日現在の年齢)で集計
※10症例未満は「-(ハイフン)」で表示

解説
平成27年度と比較すると、総退院患者数は3,646人から3,720人と74人の増加であった。その内訳は30歳台までの若年層が24人減少しており、40歳以上の中年、高齢者が97人と増加している。これは南町田病院がある地域では住民の約30%が65歳以上であり、入院する72%が65歳以上であることは、団塊の世代が高齢者層になって来ているこの数年の人口動態を考えると予想される変化である。厚生労働省の2018年度の医療介護政策の大転換を踏まえた地域包括ケアシステムを当院も真剣に考慮に入れ早期リハビリ、早期社会復帰、在宅ケア、早期在宅医療に移譲するシステムを構築するように努力している。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 254 26.76 21.25 13.39% 86.23
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 82 22.40 17.95 7.32% 83.09
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 64 17.00 12.43 7.81% 80.23
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 53 3.60 4.71 0.00% 66.45
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 50 7.92 5.51 2.00% 63.24
定義
平成28年4月1日から平成29年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※診断群分類とは‥病名と行われた診療行為等の内容を組み合わせたもので、入院医療費の支払い方法として採用されている病院もある。

解説
当院の内科は高齢者の入院患者が多いため、肺炎の患者数が多くみられる。また循環器疾患の患者次いでも多く、特に高齢者の心不全の患者も多くなってきている。冠動脈疾患に対する冠動脈形成術、不整脈に対するカテーテル心筋焼灼術も必要な患者に行っている。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 41 6.39 7.89 0.00% 61.46
070085xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) 手術あり 34 8.88 14.38 0.00% 68.76
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 5.47 7.44 0.00% 69.47
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 29 8.07 7.61 3.45% 60.21
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 9.96 11.06 0.00% 76.28
定義
平成28年4月1日から平成29年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※診断群分類とは‥病名と行われた診療行為等の内容を組み合わせたもので、入院医療費の支払い方法として採用されている病院もある。

解説
当院外科では消化器全般を診療している。腹膜炎は必ず外科入院としているため、非手術患者の腹膜炎を伴う大腸憩室炎の入院が多い。また、非常勤形成外科による外反母趾や強剛拇趾などの足趾関節の手術は多く行っている。吐血患者の受け入れもしており重度胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者も数多く診療している。胆嚢炎、胆嚢結石の手術は基本的に腹腔鏡で行っており当院では手術数が多い疾患となっている。また総胆管結石による胆管炎の内視鏡手術も数多く施行している。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 126 52.75 27.63 18.25% 82.97
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 64 31.61 20.57 10.94% 81.61
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 27 8.00 5.49 0.00% 61.89
定義
平成28年4月1日から平成29年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※診断群分類とは‥病名と行われた診療行為等の内容を組み合わせたもので、入院医療費の支払い方法として採用されている病院もある

解説
整形外科の患者の大部分は、大腿骨頚部骨折の患者である。高齢化や施設などと連携しているため、転倒し骨折された入院患者がほとんどである。
年齢も平均83歳と高齢で、その他は脊椎圧迫骨折や前腕骨折の手術が必要な患者である。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞 3日以内かつJCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(4) 副傷病なし RankinScale0~2 77 32.43 16.54 9.09% 71.47
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 47.95 19.35 25.00% 67.59
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 15.61 9.87 4.88% 76.95
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 23.00 7.52 7.50% 74.58
010060x2990411 梗塞 3日以内かつJCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(4) 副傷病:水頭症等(1) RankinScale0~2 19 52.79 18.76 5.26% 79.26
定義
平成28年4月1日から平成29年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※診断群分類とは‥病名と行われた診療行為等の内容を組み合わせたもので、入院医療費の支払い方法として採用されている病院もある

解説
当院は、脳卒中急性期に対し、脳神経外科が加療を行っている。循環器科と連携し、多様な患者に対応できている。高齢者の割合が多いため、在院日数は長くなっている。また、交通外傷などは、外科、整形外科、形成外科とも連携し、加療を行っている。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 11 1 6,7
大腸癌 12 15 10 10 2 6,7
乳癌 11 1 6,7
肺癌 1 6,7
肝癌 2 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
定義
平成28年4月1日から平成29年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※10症例未満は「-(ハイフン)」で表示
解説
5大癌に関しては胃癌・大腸癌・乳癌に対しては、手術から化学療法まで、地域住民のために幅広い診療を行っている。そのため早期からすべての病期の癌患者の診療にあたっている。また、再発患者の受け入れも行っている。肝臓癌も症例数は少ないが手術を行っている。
肺癌に関しては地域の住民のStageIVの患者の診療を一部を担っている。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 26 8.46 52.38
中等症 70 16.31 76.29
重症 21 25.48 87.71
超重症 14 32.07 83.57
不明 - - -
定義
平成28年4月1日から平成29年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※10症例未満は「-(ハイフン)」で表示
※重症度分類とは‥肺炎の重症度分類はA-DROPスコア(日本呼吸器学会)を用いて評価したもの

解説
肺炎重症度の軽い人は外来治療が可能な場合もあり、軽症の方の数は少ない。高齢者で重症度の高い人が多く重症なほど平均在院日数も長くなっている。肺炎の治療中に体力の低下がおこらないように、早期よりリハビリテーションも合わせて行うようにして少しでも早い退院を目指している。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 25 7.84 74.44 0.00%
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 238 38.35 77.00 17.65%
その他 16 51.06 73.94 25.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
定義
平成28年4月1日から平成29年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※10症例未満は「-(ハイフン)」で表示
※ICD10とは‥世界の異なる国における傷病の状況を比較できることを目的とした、傷病を分類しコード化したものである

解説
脳梗塞の患者は、発症急性期の患者が多く、充実した診断機器により、適切に治療が出来ている。また、一過性脳虚血発作では、早期に頚動脈病変、心疾患を診断し、加療を行っている。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 74 1.15 1.97 0.00% 66.80
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 45 2.33 5.00 4.44% 63.80
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 40 1.90 4.03 0.00% 67.05
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 24 36.38 27.25 37.50% 80.00
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 19 0.05 14.63 0.00% 68.26
定義
平成28年4月1日から平成29年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※10症例未満は「-(ハイフン)」で表示
※Kコードとは‥正式には「術式Kコード」と言い、医科点数表をもとに術式ごとにコード化したもの

解説
内視鏡によるポリープの治療は内科・外科共同で行っている。ポリープを有する方は多く患者数も増えている。不整脈のカテーテル治療も力を入れており、特に心房細動のアブレーション(心筋焼灼術)の患者数が増加している。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 118 0.44 1.19 0.00% 67.92
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 45 2.64 8.22 2.22% 64.27
K0803 関節形成手術 42 1.00 4.64 0.00% 64.86
K6335 鼠径ヘルニア手術 36 0.97 1.36 0.00% 66.92
K654 内視鏡的消化管止血術 20 0.45 11.15 5.00% 68.10
定義
平成28年4月1日から平成29年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※10症例未満は「-(ハイフン)」で表示
※Kコードとは‥正式には「術式Kコード」と言い、医科点数表をもとに術式ごとにコード化したもの

解説
当院では外科で主に大腸ポリープや早期大腸癌の内視鏡的治療を行っているため、手術件数の上位となっている。また胆嚢炎、胆石症の患者も多く手術件数が多い。また、非常勤形成外科により、趾関節症の手術を多岐にわたり行っている。当院の位置している圏域での吐血患者の受け入れもしておりそのために内視鏡的消化管止血術件数は多い。
鼠径ヘルニアの手術は、鼠径ヘルニア自体の疾患数が多いことや手術までの待機日数が短いことが手術件数の多いことにつながっていると考えられる。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 68 2.96 43.91 22.06% 80.63
K0811 人工骨頭挿入術(股) 67 4.84 49.81 13.43% 82.69
K0732 関節内骨折観血的手術 胸鎖、手、足 24 2.54 8.79 0.00% 66.38
K0731 関節内骨折観血的手術 肩、股、膝、肘 23 2.96 24.39 13.04% 71.26
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 20 3.35 15.70 0.00% 49.80
定義
平成28年4月1日から平成29年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※10症例未満は「-(ハイフン)」で表示
※Kコードとは‥正式には「術式Kコード」と言い、医科点数表をもとに術式ごとにコード化したもの

解説
大腿骨転子部骨折手術と人工骨頭置換術が整形外科の主な手術である。高齢で平均80~83歳の患者で、平均術前日数も短く、早期手術にて、早期リハビリを目指している。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 24 4.38 17.13 8.33% 78.88
K145 穿頭脳室ドレナージ術
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下)
定義
平成28年4月1日から平成29年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※10症例未満は「-(ハイフン)」で表示
※Kコードとは‥正式には「術式Kコード」と言い、医科点数表をもとに術式ごとにコード化したもの

解説
近隣病院、開業医より、神経症状のある患者が多く紹介されるため、慢性硬膜下血腫の手術が多い。当院では、開頭手術のみ行っている為、血管内手術の適応の症例は、高次病院に紹介している為、減少傾向にある。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0
異なる 0.14%
180010 敗血症 同一 11 0.31%
異なる 19 0.53%
180035 その他の真菌感染症 同一 0
異なる 0.06%
180040 手術・処置等の合併症 同一 0.17%
異なる 0.11%
定義
平成28年4月1日から平成29年3月31日までの一般病棟退院患者
(医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等))
※10症例未満は「-(ハイフン)」で表示
※DPCコードとは‥疾病を6桁のコードに分類したもの

解説
当院は大腸穿孔による敗血症性ショックの多くの患者の受け入れ、緊急手術も行っており、敗血症、播種性血管内凝固症候群合併した重症患者の治療を集中治療室で行っている。
また、他院より中心静脈アクセスポート感染や心臓ペースメーカーの電池消耗などの合併症に対しても対応している。また、高齢者救急患者の受け入れも行っており多くの合併症を抱えている患者の治療も行っている。
更新履歴