令和元年度  社会医療法人社団 正志会 南町田病院  病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 25 62 53 149 224 296 638 999 410
【定義】 
●平成31年4月1日から令和2年3月31日までの一般病棟退院患者
※医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等)
●10症例未満は「-(ハイフン)で表示

【解説】
当院でも超高齢化社会の背景で60歳以上の入院が多い。
社会的ニーズを鑑み、高齢者の入院にも対応している。
70歳以上の高齢者の入院患者さんに対し、早期より積極的にリハビリテーションを行っている。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2‐なし 定義副傷病なし 179 34.51 20.84 12.29% 85.72
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 88 35.47 17.71 4.55% 85.90
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 75 25.35 12.58 1.33% 81.57
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 46 5.26 5.01 0.00% 70.89
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2-なし 46 7.70 5.02 0.00% 67.17
【定義】 
●平成31年4月1日から令和2年3月31日までの一般病棟退院患者
※医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等)
●10症例未満は「-(ハイフン)で表示
●診断群分類とは、病名と行われた診療行為等の内容を組み合わせたもので、入院医療費の支払い方法として採用されている

【解説】
肺炎の入院患者さんは多く、特に高齢者の患者さんが多いため、誤嚥性肺炎の入院件数が最も多い。
慢性心不全の増悪による入院患者さんも多く、高齢者の患者さんが多く、自宅退院までのリハビリテーションも行っているので、入院日数が長くなっている。
不整脈治療に力を入れており、カテーテル心筋焼灼術の数が多いことが特徴である。
前庭機能障害(めまい)の数も多いが、短期間で退院されている。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 53 2.40 2.63 0.00% 66.08
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 33 7.48 7.65 3.03% 58.82
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 30 11.83 8.89 3.33% 71.70
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 23 9.61 7.13 0.00% 63.39
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1-なし 22 13.91 12.55 0.00% 74.86
【定義】 
●平成31年4月1日から令和2年3月31日までの一般病棟退院患者
※医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等)
●10症例未満は「-(ハイフン)で表示
●診断群分類とは、病名と行われた診療行為等の内容を組み合わせたもので、入院医療費の支払い方法として採用されている

【解説】
当院では内科と外科が協働して内視鏡大腸ポリープ手術を施行している。
また、腹膜炎を合併している消化器疾患は必ず外科入院としている為、非手術例の入院も多い。
高齢者の重症蜂窩織炎、ガス壊疽も外科にて治療している。
腸閉塞は手術の判断も含め、全例外科にて診療を行っている。
胆嚢炎、胆石症の手術は、基本的に腹腔鏡で施行している。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 137 57.34 25.94 8.76% 83.44
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 62 46.65 19.40 12.90% 80.90
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 32 9.69 5.54 0.00% 69.22
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 26 46.15 19.59 3.85% 83.35
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 定義副傷病なし 21 4.81 5.94 0.00% 51.86
【定義】 
●平成31年4月1日から令和2年3月31日までの一般病棟退院患者
※医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等)
●10症例未満は「-(ハイフン)で表示
●診断群分類とは、病名と行われた診療行為等の内容を組み合わせたもので、入院医療費の支払い方法として採用されている

【解説】
整形外科入院のほとんどは大腿骨頚部骨折や脊椎圧迫骨折などの転倒により動けなくなった患者さんである。
手術は大腿骨転子部骨折と人工骨頭置換術が主である。
当院の平均在院日数が全国平均在院日数よりも長くなっているのは、寝たきりになることを防ぐことで自宅で
生活できるようにし社会復帰を目指した回復期リハビリテーション病棟、亜急性期患者を含めた患者さんを受け入れ
日常生活への復帰をサポートしていく地域包括ケア病棟を含むためである。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病なし 59 38.03 16.13 0.00% 72.97
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 32 18.31 9.67 3.13% 77.53
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 29 20.14 7.34 13.79% 78.86
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 21 10.10 7.10 0.00% 65.14
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 定義副傷病なし 16 44.06 16.16 6.25% 85.06
【定義】 
●平成31年4月1日から令和2年3月31日までの一般病棟退院患者
※医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等)
●10症例未満は「-(ハイフン)で表示
●診断群分類とは、病名と行われた診療行為等の内容を組み合わせたもので、入院医療費の支払い方法として採用されている

【解説】
地域医療圏の高齢化に伴い、脳梗塞の患者さんが多い。
当院の平均在院日数が全国平均在院日数よりも長くなっているのは、寝たきりになることを防ぐことで
自宅で生活できるようにし社会復帰を目指した回復期リハビリテーション病棟、亜急性期患者を含めた患者さんを受け入れ
日常生活へのサポートをしていく地域包括ケア病棟を含むためである。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 11 14.64 12.58 36.36% 72.55
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 定義副傷病なし
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 定義副傷病なし
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし
【定義】 
●平成31年4月1日から令和2年3月31日までの一般病棟退院患者
※医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等)
●10症例未満は「-(ハイフン)で表示
●診断群分類とは、病名と行われた診療行為等の内容を組み合わせたもので、入院医療費の支払い方法として採用されている

【解説】
高齢の患者さんが多く、尿路感染の入院加療が多い。
手術は前立腺生検、内視鏡手術を中心に行っている。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 21 2 7
乳癌 10 1 7
肺癌 1 7
肝癌 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【定義】 
●平成31年4月1日から令和2年3月31日までの一般病棟退院患者
※医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等)
●10症例未満は「-(ハイフン)で表示

【解説】
5大癌に関しては、胃癌・大腸癌・乳癌に対しては、手術から化学療法まで地域住民のために幅広い診療を行っている。
そのため早期からすべての病期の癌患者さんの診療にあたっている。また、再発患者さんの受け入れも行っている。
肝臓癌も症例数は少ないが手術を行っている。
肺癌に関しては地域住民のStageⅣの患者さんの診療の一部を担っている。
抗癌剤を使用するStageⅣ患者さんは外来での化学療法が主体となるため、入院は少ない。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 35 9.97 76.77
中等症 23 24.96 82.43
重症 55 20.05 80.11
超重症
不明
【定義】
●平成31年4月1日から令和2年3月31日までの一般病棟退院患者
※医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等)
●10症例未満は「-(ハイフン)」で表示
●重症度分類とは、肺炎の重症度分類はA-DROPスコア(日本呼吸器学会)を用いて評価したもの

【解説】
高齢者の患者さんの誤嚥による肺炎が増加している。
肺炎の治療中に体力の低下がおこらないように、早期よりリハビリテーションを合わせて行い、入院期間の短縮を目指している。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 143 40.02 78.46 16.67%
その他 12 35.75 78.50 9.09%
【定義】
●平成31年4月1日から令和2年3月31日までの一般病棟退院患者
※医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等)
●10症例未満は「-(ハイフン)」で表示

【解説】
平均在院日数は前年度と変化していないが、回復期リハビリテーション病棟・地域包括ケア病棟での継続治療も行っている。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 40 2.75 4.10 0.00% 65.98
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 12 25.09 75.18 33.33% 81.00
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 11 8.45 16.64 9.09% 80.36
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの
【定義】
●平成31年4月1日から令和2年3月31日までの一般病棟退院患者
※医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等)
●10症例未満は「-(ハイフン)」で表示
●Kコードとは、正式には「術式Kコード」と言い、医科点数表をもとに術式ごとにコード化したもの

【解説】
不整脈の患者さんが多く、心房細動のアブレーション(心筋焼灼)・ペースメーカー移植術を多く行っている。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 64 1.03 2.44 0.00% 67.48
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 33 2.94 5.36 0.00% 61.70
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 31 2.52 12.10 3.23% 78.55
K654 内視鏡的消化管止血術 18 0.61 23.56 5.56% 77.78
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 15 14.47 31.27 46.67% 82.40
【定義】
●平成31年4月1日から令和2年3月31日までの一般病棟退院患者
※医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等)
●10症例未満は「-(ハイフン)」で表示
●Kコードとは、正式には「術式Kコード」と言い、医科点数表をもとに術式ごとにコード化したもの

【解説】
当院では外科で大腸ポリープや早期大腸癌の内視鏡的治療を行っている為、手術件数の上位となっている。
胆嚢炎、胆石症の手術も腹腔鏡下にて施行している。
総胆管結石に関して積極的に内視鏡手術を行っている。
吐下血の救急受け入れに対して内視鏡止血術を主に行っている。
最近他院での胃瘻造設術を行う医療機関が減少した事、さらには胃瘻造設が難しい症例に対して他院からの紹介例が増加している。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 86 3.49 51.20 6.98% 84.45
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 63 3.86 50.56 11.11% 79.97
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 34 2.79 20.85 0.00% 68.15
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 20 1.00 28.55 5.00% 62.70
K0463 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他 18 2.00 17.00 0.00% 56.61
【定義】
●平成31年4月1日から令和2年3月31日までの一般病棟退院患者
※医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等)
●10症例未満は「-(ハイフン)」で表示
●Kコードとは、正式には「術式Kコード」と言い、医科点数表をもとに術式ごとにコード化したもの

【解説】
大腿骨転子部骨折手術と人工骨頭置換術が整形外科の主な手術である。
平均年齢が80歳代と高齢の患者さんが多く、平均術前日数は短く早期手術、早期リハビリテーションを目指している。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 24 1.33 19.54 8.33% 80.17
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
K1492 減圧開頭術(その他の場合)
【定義】
●平成31年4月1日から令和2年3月31日までの一般病棟退院患者
※医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等)
●10症例未満は「-(ハイフン)」で表示
●Kコードとは、正式には「術式Kコード」と言い、医科点数表をもとに術式ごとにコード化したもの

【解説】
近隣の病院、開業医からの紹介が多いため、比較的経過の緩やかな慢性硬膜下血腫の患者さんが多い。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
K610-3 内シャント又は外シャント設置術
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの
K8282 包茎手術 環状切除術
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術
【定義】
●平成31年4月1日から令和2年3月31日までの一般病棟退院患者
※医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等)
●10症例未満は「-(ハイフン)」で表示
●Kコードとは、正式には「術式Kコード」と言い、医科点数表をもとに術式ごとにコード化したもの

【解説】
内視鏡手術を中心に行っている。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる 12 0.42%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.35%
異なる
【定義】
●平成31年4月1日から令和2年3月31日までの一般病棟退院患者
※医科保険以外の保険を使用した患者は対象外(自賠・労災・自費診療等)
●10症例未満は「-(ハイフン)」で表示

【解説】
当院では、大腸穿孔による敗血症性ショックの患者さんの救急受け入れ、緊急手術も行っている。
敗血症、播種性血管内凝固症候群を合併した重症患者さんの治療は集中治療室にて行っている。
脳梗塞や心不全などの合併症を抱えた方の手術依頼も受けており、ハイリスク患者手術も手術適応があれば断らずに行っている。
更新履歴